• HOME
  • 英文法テスト「CASEC-G」
  • 英文法学習教材「CASEC-GTS」
  • 資料請求
  • お申し込み・お問い合せ

TOP > CASEC-Gの概要

CASEC-GTS(英文法学習教材),CASEC-Gの概要

英文法を習得し、書く力を身につける!

CASEC-GTSは、英作文の習得、および習得した英文法を使って書く力を身につけることを目的としています。

1.出題内容と試験時間

・1文ずつの和文英訳を15題出題します。
・英検5級〜2級程度の英文法、語彙を用いて和文英訳を行う問題が出題されます。
・1題あたりの制限時間は150秒で、試験時間は平均15分〜20分程度(最大40分)です。

2.対象者

主に中学・高校・大学等の教育機関での団体受験を想定しています。

3.受験結果

・全体としてのレベル判定は6段階(レベル0〜5)で表示されます。
・採点対象の10問について、問題ごとの評点が4段階(完全一致/合格/不合格A/不合格B)で表示されます。
・問題ごとに複数の正解文が登録されており、添削は解答文と最も近い正解文との対比で表示されます。
 (※但し、添削は受験直後のみ表示されます)

4.レベル判定

レベル1〜5は概ね英検5級〜2級の文法的要素が対応しています。
例えばCASEC-Gの判定結果の「レベル2」は、英検4級程度の文法項目を使って英文を構成する能力があることを示します。
英検は四肢択一ですが、CASEC-Gは英文を作成するというアウトプット形式のテストです。この形式は一般的に日本人の学習者が苦手とするものであるため、CASEC-Gの評価で表示される英検級は厳しく感じられる場合があります。

1.難易度レベルと問題数

CASEC-GTS独自の文法分類表に基づいた和文英訳の問題が約350題搭載されており、それらはレベル1(英検5級程度の文法項目)〜レベル5(英検2級程度の文法項目)まで5レベルに分かれています。
この問題分類はCASEC-Gと共通であるため、CASEC-Gの受験結果で判定されたレベルの問題を学習したり、できなかった文法項目の問題を選んで学習することもできます。
また、よりビジネスの場で使用されるような語彙を中心とした「TOEIC(R)文法対策問題」が約350題搭載されています。

2.対象者

主に中学・高校・大学等の教育機関での団体受講を想定しています。

3.学習形態

下記の4つ方法で学習を進めることができます。

(1) レベル別学習: 自分にあった難易度レベルの問題を続けて学習します。
(2) 文法項目別学習: 自分で文法項目を選択して学習します。
(3) TOEIC(R)文法対策: TOEIC(R)の受験対策に効果的な文法項目を学習します。
(4) 先生からの課題: 指導者が指定する課題セットを学習します。

 「4つの学習方法」の詳しい内容についてはこちらをご覧ください

2つの学習モード

英文作成モード(キーボード入力)と並べ替えモード(ドラッグ&ドロップ)の2つの学習モードで、自分の能力にあわせて学習できます。

英文作成モード(キーボード入力)

並べ替えモード(ドラッグ&ドロップ)

 「CASEC-GTS」無料体験版 (2つの学習モードをお試しいただけます)

※最初に「英文作成モード」が表示されます。「並べ替えで行う」ボタンをクリックすると「並べ替えモード」に切り替わります。

CASEC-GTSで学習できる文法項目

※レ・文:レベル別学習・文法項目別学習、T:TOEIC(R)文法対策    

学習できる文法項目 レ・文 T 学習できる文法項目 レ・文 T
名詞 文型
代名詞 否定文
動名詞/不定詞の名詞的用法 疑問文
不定詞 命令文
時制 感嘆文
助動詞 構文
形容詞 等位接続詞
副詞 比較
前置詞 受動態
関係代名詞/分詞の限定用法 仮定法
関係詞 話法
分詞
疑問詞の間接疑問
従位接続詞

ページトップへ

CASEC-G(テスト)

CASEC-Gとは
CASEC-Gの概要
受験の流れ
ご利用方法・受験料

  • 受験者ログイン

CASEC-GTS(学習教材)

CASEC-GTSとは
CASEC-GTSの概要
学習の流れ
ご利用方法・受講料

  • 受講者ログイン

CASEC-G/CASEC-GTS「団体管理者」入口

団体管理者ページのご案内

  • 団体管理者ログイン



無料トライアルに今すぐ申し込む
※団体でのお申し込みのみとなります。



関連サービス

CASEC

CASEC-WT